【内向的、メンヘラ彼女。】実はこのメンヘラ彼女。ほとんどしたことないのです。

内向的、メンヘラ彼女。

メンヘラ彼女の特徴といえば、

・寂しがり屋。
・かまってちゃん。
・SNSで病み投稿。
・さびいと浮気する。

などなど、幾つかの定説が思い付きますね。

ネガティブなイメージが付きまといますが、そんなメンヘラ女子にも良いところもあります。

メンヘラ彼女は、『一途で、大好きな彼に尽くし』ます。

私が男だったら、本当に嬉しい限りです。
曖昧なこの時代に、浮気せず自分を愛してくれる彼女。
最高です。

束縛や感情を表に出すところは程度にもよりますが…。(自分で言ってる 笑)

今回は、そんな『メンヘラ彼女』がストイックに自制心を発揮する『内向的、メンヘラ彼女。』の生態を夜の営みを絡めながら考察していきましょう。

実はこのメンヘラ彼女。ほとんどしたことないのよ。

晴れて彼とのお付き合いが始まりこっそり『メンヘラ彼女。』となった私ですが、メンヘラであることをまだ知りませんでした。

実はこの私、現在はメンヘラを自認していますが、これまでは自分がメンヘラ女子だと思わずに生きてきていました。

なので、自分がメンヘラだと認識するのはもう少しだけ後のことになります。

『一途さ』というところでは、多分、自分はかなり一途です。
相手が引くぐらい。笑

しかも、かなり、硬い。
何が?

『貞操観念。』です。はい。

引くぐらい硬いと思います。(状況により。←え?)
笑笑。

実は、『夜の営み』については今彼とお付き合いするまでは、正直ほとんど経験値なしでした。

今は、本当に、幸せです。(アプリ辞めていないこと以外は。←ここはこだわる。)

今までの人生では私がしたくなかったことはほぼないのですが、お相手とのペースが違ったんだろうと思います。

人生で一番のひと。色んな意味で。

彼は私にとっては一番の人。

色んな意味で。

一番、好きな人。
一番、大切な人。
一番、一緒に居たい人。
一番、好きで居て欲しい人。
一番、たくさんデートしてる人。
一番、一緒に幸せになりたい人。 なんです。

その他にも色々な意味で人生で一番たくさんの経験をさせてくれている人が今の彼です。

ずっと離れたくない人。

すみません、はい。ガチメンヘラ発動です。

彼はそうでは無いようなので不安が募り、私のメンヘラ発動が頻発していて、最近ではますますメンヘラに磨きがかかっています。

彼はそうではなくても、私は彼のことが一番好きな人なんです。

できるなら、これからも色々なことを一緒にして、人生を楽しみたいと思っています…。

彼と一緒にイくのはもっと先という甘い苦しみ。

彼とお付き合いをするようになって、定期的にするようになった夜の営み。
ただ、私はシテも『イケない、メンヘラ彼女。』なのです。

幼少期から色々有りすぎて、人を信じることができず、彼といてもいつも脳の中が緊張しています。
そのせいもあり、いたしてもイクことが出来ないのです。

悲しくて、たまらないのですが、どうしようもない。

いつか彼を心から信じることが出来たら…と思い続けてきました。

でも、時々連絡が取れなくなったり、未読スルーされたりして、お付き合いを始めてから2年半、ずっと彼とのお付き合いの中で不安を感じ続けてきました。

そんなこともあり、私は真の意味でイクことなく…2年ほどが経ちました。

彼としてイケる様になったのは本当にごくごく最近でした。

なのに…。
マッチングアプリを辞めていなかったことを知って、この先どうなるのでしょう。笑

もしかすると、盲目的に信じようとする私には、これくらい嫉妬するくらいの出来事がある方がいいのかもしれませんね。

次に彼とする日が楽しみです。(検証してきますね!笑)

実はこのメンヘラ、なかなか心を開かず、じっとお相手を見てるんだよ。

メンヘラは家庭環境や人間関係に恵まれない中から発生すると思っています。

なかなか人を信じることが出来ないために、私は出会う人のことを少しでも多く情報収集したくて、してしまうことがあります。

『別れ際にその人の思っている事が分かる』というものです。
だから、彼と会って帰る時には別れた後にもう一度彼を見るんです。

その時の姿が素の彼だから。

残念ながら、自分が思うほど彼にとっては私はそんなに大切でもなんでも無いようでした。

彼は私に対してもオン・オフがはっきりしています。

この『好き』は不毛。かな。
時々、そんなふうに思ってしまいます。

「好き」とか「愛してる」を常に言い合いたいと言っても断られました。

彼の言い分としては、
「そんなのする年齢じゃない」
ということです。

年齢一つしか変わらないのにね。

惚れる相手、間違えたかな。
でも『内向的、メンヘラ彼女。』は我慢が得意で、その人の言うことに従うべきだと思ってしまうんですよね…。

我慢の限界までは、このままなんでしょうね。

彼がどんな人なのかじっくりみて納得したら、私は自分が望むように動くのでしょう。

最後に

いかがでしたか?

今回は経験値の低い『内向的、メンヘラ彼女。』がストイックに自制心を発揮する生態を、夜の営みの内容とともに書いていきました。

内向的なメンヘラ彼女は、どうすれば自分を理解し大切にしてくれる最高の彼氏に出会えるのでしょうか。

次回も『内向的、メンヘラ彼女。』の生態を暴いていきたいと思います。

お楽しみに。

コメント

タイトルとURLをコピーしました